税務を中心に最近気になった点をできるだけわかりやすくご説明します。

研修36時間義務化

| トラックバック(0)

平成28年度からこれまで努力義務だった税理士の年間研修受講時間36時間が義務化されています。

いよいよ今年からはHPで受講時間が公表されると聞いています。
私の知っているところでは、平成17年には「研修自己管理表」という研修記録簿が税理士会から配賦されており、私はこれまで14年間Excelで記録を付け続けています。平均60時間、平成23年度は入退院で一度だけ36時間に達しない年度がありましたが他は36時間以上受講しています。

私は、「自分で勉強するより研修を受ける方が楽だ。」という友人税理士の一言で20年位前から難しい研修で眠くてもほぼ眠らずに最後まで受講しています。専ら自分自身の為に研修を受けているのです。研修受講はインデックスの構築ようなもので実際に事例に当たったときの記憶の抽斗のようなものだと考えています。

私は、近隣で行われる研修には殆ど出席しているので、公表されなくても会場にいる支部税理士の顔はだいたい覚えています。逆に言えば受講していない支部税理士もだいたい知っているのです。また、途中で帰ってしまう方も知っています。最近は途中で帰る方が増えているように思います。

当初税理士会では、36時間受講していない税理士を罰則的にホームページで公表することを検討していたらしいのですが、税理士全員の受講時間を開示することに修正決定したようです。

このことの意味を一般に公表されることで税理士が顧客から選別されるという風に感じている税理士が多いように思われますが、私はそれよりも当局に明かにされるということの方が怖いと思っています。(税務連絡協議会に参加している税理士の名簿は税務署が把握しているのご存じですよね?心当たりの方には署から連絡あったでしょ?)

いずれにしても公表するというのは良いことだとは思いません。罰則で縛るというのは民主的ではないもの。罰則を科すのであれば税理士全員の意志を確認すべきです。今からでも遅くはないので日本税理士会連合会は是非再検討してください

また、東海税理士会主催の研修は、その殆どが無料です。(全国的にもそうなんでしょ?)無料だからといって内容がそれなりという訳ではありません。東海税理士協同組合がその費用を負担しているから無料となっているのです。恥ずかしながら私は最近ようやくこの事実を明確に認識しこれまでのフリーライドを反省しおりまして、少しでもお返ししなければと保険代理等に積極的に参加しようと努めてさせて戴いております。

 

追記
公表は中止したそうです。
流石、税理士会!!

 昨年の暮れには情報があったようです。聞き漏らしてました・・・。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.z-ueda.com/mt/mt-tb.cgi/152

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Access counter

アーカイブ