税務を中心に最近気になった点をできるだけわかりやすくご説明します。

消費税軽減にマイナンバー活用に賛成

| トラックバック(0)
土曜日(2015.09.05)の日経新聞のトップ記事に「酒除く食品 消費税軽減 政府案 マイナンバーを活用」という見出しの記事が掲載されました。

この点について賛否あるよですが、私は大賛成です。

国民の利便向上の為にマイナンバーを活用する姿勢に賛成します。
マイナンバーは負担の公平という税のあるべき姿を実現する仕組みとして不可欠なもので、逆進性と言われる消費税の弱点を補い公平な税収確保の観点からマイナンバーを活用したいわば「給付付き税額控除」のような仕組みでマイナンバーが公平性を担保する点を評価すべきと考えます。

もちろんマイナンバーそのものが安全に問題無く運用できるかどうかという基本的な問題はありますが、始めることを決めた以上、試行錯誤を繰り返すことになっても前向きに運用していくことを支援し監視することが国民に出来ることだと思います。

細かな点を指摘し過ぎて使われなくなったら国民にとって大きな損失となります。
決まった以上、反対するだけでなく有効に活用できる提案も必要だと思います。

・・・なんちゃって、税理士の立場からすると複数税率、インボイスというのは計算の煩雑さを伴うので絶対反対ですが、この案なら国のシステムでできるので納税者と税理士の負担が軽減できるという点で我田引水・・・。

パソコン使えないとか言ってる時代ではないでしょ。使わないとどんどん遅れていくので無理矢理にでも使わせないと反って不親切な時代ではないでしょうか?

お年寄りもスマホを使う時代です。カードリーダなんかは、政府が無償で提供すれば良いんですよ。

麻生さんのアイディアでもないんでしょうけど、私はこの件については麻生さんに大賛成。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.z-ueda.com/mt/mt-tb.cgi/43

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アーカイブ

Access counter