税務を中心に最近気になった点をできるだけわかりやすくご説明します。

復興特別法人税の代理権限証書

| トラックバック(0)

復興特別法人税の代理権限証書


復興特別法人税の電子申告の際に代理権限証書に復興特別法人税の記載を忘れて送信して署から連絡を受けることがある。

申告書に代理権限証書を添付する旨のチェックを入れて送信したのだから催促されてもやむを得ない。

そこで再送信したいところだが、送信後直ぐに気づけば無理矢理再送信してしまうという強引な方法もとれるのだが、申告期限後にこの方法は使いたくない。
専用機などでは添付書類だけでは送信できないものがあるのだが、電子申告でぜひとも送りたい。

そんなときには、e-Taxソフトの利用が便利。
起動時に追加インストールから申請、税理士法関係をチェックしてあらかじめインストールしておく準備が必要だ。
e-Taxソフトを起動して、作成、新規作成、申請・届出(A)、税目、税理士法関係、次へ
税理士代理権限の明示、税務代理権限証書、次へ
申告・申請等名に適当な名称を入力
申告・申請基本情報に必要事項を入力してOK

代理権限証を作成して作成完了
このときに「その他の事項」に「依頼者の利用者識別番号と名称等を入力して当初送信に「復興特別法人税」の記載を失念したのでe-Taxソフトで送信しました。」のようなことを記載しておけば説明になる。

後は税理士の電子署名を添付して送信するだけ。

文書にすると面倒そうですが、実際やってみれば簡単。
通常添付書類とされる代理権限証を申告・申請書の本体として送信できるということです。

この方法の応用で今年から始まった贈与税の電子申告に代理利権限証を添付することもできる。応用と言ってもe-Taxソフトで代理権限証を作成して切り出し贈与税の申告の時に添付するだけです。

この方法ではいけませんと言われたときは別の方法を検討しましょうね。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.z-ueda.com/mt/mt-tb.cgi/64

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Access counter

アーカイブ