2018年10月アーカイブ

しっかり歩くようになってきました。

ごはんです。お湯でふやかしたドッグフードを離乳食にしています。

離乳食が始まってからLamちゃんはオシモノ世話はしなくなったみたいで、お尻をティッシュで拭いてやらないと汚いです。

まだこっちの方が良いみたい。Lamちゃんは早々に逃げます。

アップは難しい。ピントがなかなか合いません。 EF50mm F1.8 壊れたかな?どうも全体ピントが甘いように感じるのですが・・・

F1.8でも開放はピントが浅いのかな?

これは先日(10/20)の支部旅行で志摩の賢島宝生苑の庭から撮ったものです。こちらはα9にFE 24-70mm F2.8 GMです。

貿易摩擦を懸念しているようで株は下がってますね。今日は少し戻すのかな?
なんかやっぱりバブル臭いですね。変だ。弾けない程度に暫く調整する方が良いでしょう。

生後27日目です。この日までトロ船に入っていました。

生後28日目。この頃までトロ船に入っていました。

生後31日目。トロ船は狭くはないのですが、トイレと寝床は区別したいようでそれにはトロ船は狭すぎるようです。

ケージに段ボールでバリケードしていたのですが、乗り越えて外に出てしまうので好きにさせている様です。トイレは外のトイレシートでして寝るのはケージの中。Lamちゃんの授乳も1日2回程度になっているようです。歯も生えてきてますし離乳食を初めています。

フラッシュは嫌いです。バウンスアダプターをしても嫌みたい。みんなで入口まで後退して固まりました。

今日は株が上がっていますが、戻りが弱いのでまだ下げトレンドかな?

FE 16-35mm F2.8 GM 届きました。680gで重くないと思っていたのですが、α9とフラッシュHVL-F60RMで電池とかなんだかんだで1.9Kg位になりますので以外に重く感じます。(疲れてるかな?)
良く動くのでピントは今一です。

最短撮影距離28cmなので思い切り寄れます。

黒い犬はピントなかなか合わないのですが、動いてるしまいいか。

もっとも落ち着きのない子で近接でのピント合わせは無理です。

ストロボだけでも500gを越えるので1.4Kg、FE 100-400mm/F4.5-5.6 GM OSSと同じ位なのでなんとか耐えられるギリギリの重さな?肩・首が痛くなりそうですけどね。

久しぶりにα9です。フラッシュHVL-F60RMを買っちまっいました。Sonyのストロボは初めてです。電子シャッターでは発光しないのを知らず焦りました。
マイメニューにフラッシュモードとシャッター方式を登録しました。

カットしてもらったので涙焼けが今日だけは目立ちません。今日だけです。
子育てには全く役に立たない父犬。

男の子だったかな?未確認

この子は一番大っきな女の子。この直後おしっこを漏らしてしまいここで撮影中止。
母のLamちゃんはおしっこもうんちも舐めちゃいます。しっかり子育てしています。


SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11 CANON EF-E に Canon EF40mm F2.8 STM を付けて撮りました。AFも十分早いです。

SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11 CANON EF-E+Canon EFレンズも良いのですが、SonyのFEレンズはFE 100-400mm/F4.5-5.6 GM OSSとあとはVario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSSとちょぼちょぼしか持っていないのでα9が泣いています。

FE 24-70mm F2.8 GMが欲しいな・・・でも886gはないよねえ。AF-S Nikkor 24-70mm F2.8G EDと殆ど同じじゃん。ミラーレスが泣くぜとか、FE 24-105mm F4 G OSSもよさそう663gと軽いしね。とか悩んでふっと気づいたのがFE 16-35mm F2.8 GM 。680gで常用できそうだしGMですからね。それにズームは避けていたのでCanonもNikonもこの長さのF2.8通しは持っていません。でも高い。う~ん。


この子が一番大っきな女の子でした。上の2枚は同じ子でした。<(_ _)>。

ハロウィーンだそうで、記念撮影。

ピントいまいちですが、帽子が3つ揃ったので。

Lamちゃん押さえつけて片手で撮影なので・・・。

どの子がどの子かよく分からん。

数珠?わざわざお作りになったようですがこれっきりでしょう。

自分も加わらないと気の済まない猫のきなこ。

相続税の申告は期間も長く予想外の事実が出てきたりいろいろ気を遣います。完了が近づいてくると気持ちがす~っと楽になるのですが、提出まで油断は禁物です。

頑張っているLamちゃん。普段の2~3倍の食欲です。

目は見える様になってきたみたいです。少し目が小さくて離れすぎのような気もするけど・・・。

立って歩く練習は良いのですが、トロ船を乗り越えそうで心配です。

生意気に吠えたりするんですよ。もうすぐ離乳かな?


相続ばっかりやってると法人の決算が心配になってきます。この間、先輩税理士も言っていました。決算の少ない月しか相続はできないって。分かる。切替えなくては・・・。

一番大きい子は900gを越えたようです。一番小さかった子と二番目の体重が入れ替わったそうです。まだ700gいかないのかな?3匹だと大っきくなるのが早いんでしょうね。

顔に疲れが見えるLamちゃん。頑張ってます。

三匹の子豚。

8が三つ・・・。大っきくなりすぎてこの計りでは計り難くなった一番大っきい子。

目がやっと完全に開くようになったみたい。

数日前に夜泣きが酷く洗濯カゴからトロ船に変更しました。もう少しするとトロ船から這い出しそうです。

バスマットを引いてやったところプラスティックのトロ船では滑ってハイハイしかできなかったのが、滑らなくなって踏ん張りが効くので歩く練習をするようになりました。あと1ヶ月半程は目が離せません。


財産評価基本通達の改正により今年の相続から従来の広大地評価は廃止となり、地積規模の大きな宅地の評価(評基通20-2)に改正されています。昨年から何回か研修を受けていますが、実際に評価業務を行ってみると意外に評価が下がる場合があることに気づきます。

従来から路線価の比較的低い地域の農地は広大地評価よりも造成費で行った方が評価が低いケースがあるのは知っていました。県内の造成費用の標準は、路線価と違って同一だからです。今回の改正でそのような場合は造成費と地積規模の大きな宅地の評価を合わせて適用できるのでさらに評価が下がるということになります。

土留、土盛、整地の必要な田は従来の広大地より評価が下がり、実際の取引価格により近くなったのではないかと思われます。

一方、造成が殆ど必要のない平坦地では従来の広大地よりも評価が高くなります。第一種低層住居専用地域では開発許可を取って分譲するしかないでしょうから道などの潰れ地が生ずる場合も多く、従来の広大地評価より評価が高くなって不合理なケースもあるかも知れません。このような場合にもう少し配慮したきめ細やかな改正されると良いと思います。複雑になって面倒と思われるかもしれませんが、評価はまっとうに対応すれば元々面倒だから良いのです。

それにしても、従来のような郊外路線商業地域やマンション適地の判定、開発許可基準や開発想定図などを気にする必要がなくなったのは助かり良い改正だったと思います。

JW-CADで開発想定図を作成する必要は無くなりましたが、想定整形地を定規で作成するなんてことはしたくありませんからJW-CADは、まだまだ必要なツールです。

慶弔

pookarl
0

昨日は、結婚式・披露宴に招待されていまして参列してまいりました。

家に戻って黒ネクタイにして、新聞で知った知人の配偶者の通夜に参列してまいりました。こんなことは初めての経験です。


「禍福は糾える縄のごとし」と言われますが、最近はその時は突然やってくるとある意味悟りました。ゆえに日々を精一杯生きたいと考えております。

ちょっと間が空いてしまいました。大っきい子は700gを越えています。やっと少し目が開いてきたようです。遅いかな?生まれるのが少し早かったのか・・・

真ん中の子だと思います。目が少し開き始めたところです。(2018.10.04)

一番大きい子だと思います。今日。

これも一番大きい子だと思います。Lamちゃんは怒らないけど心配で直ぐに飛んできます。写真撮るのにちょっと貸してよって言ってるのですけどね。

一番小さい子だと思います。雄か雌か・・・どっちでも良いですよ。足を上げないおしっこを躾ければどっちも変らないと思いますけど・・・。今のところ顔はみんな同じようにしか見えません。


明日は色々忙しい。毎日何らなの新しいイベントが生じて多忙中。

本日期限の仕事を無事完了しました。まあ、無申告でもよかったような・・・関係者のことなのでどっちでもよかったというか・・・でもけじめですから無事完了で良しとしなければ・・・

それにしても8月下旬からなぜか多忙中。どうか分からないけどなんか以前にもこのようなことが有った様な・・・。バブルと言われた頃に似たような雰囲気があったような・・・。あの頃もなぜか忙しいだけだったのが似ているような・・・。そんなに景気は良くも無いと思うのだけれど・・・。

ブログ重くなってしまいました。Google Driveが重いような気もするのですけど・・・

まだ目が開きません。体重は500g前後に成長しましたが、もしかして太り過ぎ?

午後4時過ぎに出先から富士宮市役所の課税課の固定資産評価証明書を受領しに行きました。申請者と所有者の両方に印鑑を押す必要があります。帰りに天間の町づくりセンターで同じものを請求すると印鑑は必要ありません。また、必要な年度を記載する欄があり、29年度の分の交付を受けました。こっちは固定資産 課税台帳・補充台帳登録事項証明書と名称が異なります。請求していない家屋も載っていてその分手数料が追加されましたが、富士宮市の固定資産評価証明書は29年度でなく自動的に30年度になっていました。富士市は29年度で間違いありませんね?と確認までしてくれました。富士宮市での申請の際に年度を記載する場所があったのかどうかも定かでありません。明日また行かなければなりません。なんで市町村によって対応が異なるのか不思議。シャチハタの印にどれだけの証明力があるのか知りませんが、厳格に対応しているのでしょうけどね。どっちを向いているのか・・・。

本庶佑教授ノーベル医学・生理学賞おめでとうございます。教科書に書いてあることを簡単に信じるな。なかなか言えない言葉だと思います。またまた京都大学だな。

まだ目は開きません。お母さんの居ない間にちょっと。

PD-1の発見。素晴らしいですね。

10日余りで3倍くらいになるんですね。

内閣改造だそうですね。なんとも・・・

まだプードルと言うより小さなラブラドールのような感じがします。鼻は伸びるのかな???

2018年11月

        
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログランキング・にほんブログ村へ

Access counter

Link Page

タグクラウド