万引き家族

pookarl
0

イオンシネマで話題の「万引き家族」を見てきました。パルム・ドール受賞映画ですので見ておかなければと行って参りました。ほぼ貸し切り状態でした。5人くらいかな?木曜ですしね、万引きですし・・・。
映像は綺麗でした。やっぱ映画は映画館で見るものだと年2回程度しか行かないので毎回思っているところです。もう少し行こうかな1,100円ですし・・・。

話は変りますが、先月から所得拡大促進税制(雇用者給与等支給額が増加した場合の法人税額の特別控除)の別表が変更になっています。
別表六(二十三)と付表一・・・・・。何じゃこりゃ!!書き方わからんじゃん。この制度、施行前から改正したりしてちょこちょこ様式変更されているのですが、平成29年改正と平成30年改正を一緒くたにして様式が変更されているではないですか。
国内設備投資とか、教育訓練費は現在は関係ないでしょ。記載の仕方を見ても「平成30年旧措置法」とかあって既に書き換えられている以前の措置法を見なければ理解不能な説明になっています。生産性阻害してるの誰?
それに、電子申告で送信できない書式となっています。電子申告の義務化に向けた先回りの書式変更としか思えない変更です。(だと思います。多分。)

先だって(2018.07.03)の日経には「税・社会保険書類不要に」と、届出はクラウド化で日本企業の生産性を高め1兆円近く事務手続コストがなくなるとのトップ記事がありましたが、意味不明です。だれがクラウドに入力するの?それってコストを掛けずにできるの?妖精さんがやってくれるのでしょうか???クラウド代は税金(国民負担)で賄ってくれるのかな?
万歩譲って企業コストが1兆円減るってことは、一方で1兆円の収入が失われる者も有るわけで、政府が一方に偏った介在をすることが許されるのでしょうか?まるでどっかの共産国のようです。独裁国家?報道も公平にやって頂きたいものです。

ただでさえAIに仕事を奪われる代表のような税理士にもうなり手はありません。20代の受験者がここ数年で激減しているというじゃないですか。私なんか昨年還暦を迎えてようやくほぼ平均年齢ですから益々高齢化が進むことになります。

まあ、この先は税務署やお役人さんたちだけで頑張って戴くしかありませんね。おっとこの方達もAIに取って代わられるのかな?ついでに社労士さんもクラウドで職失いますから。AIだって毎年お金係りますから~AIも人が作ってるのですよ。もう知~らないっと。

2018年7月

        
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログランキング・にほんブログ村へ

Access counter

Link Page

タグクラウド