観覧車夜景

pookarl
0

エスパルスドリームプラザと富士川楽座の観覧車の夜景を撮ってきました。

これは、富士川楽座の観覧車です。 α7s+Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS です。一応レンズに手ぶれ補正が付いているんですよ・・・。 写真: f/4 1/60 24 mm ISO 800
エスパルスドリームプラサの観覧車です。

写真: f/4 1/60 38 mm ISO 1600
ネットにはカラフルな色の動画がありますが、今日はパープルのライトの固定でした。

写真: f/4 1/60 24 mm ISO 2000
もう少し早い時間に行けば良かったのですが・・・。

写真: f/4 1/80 70 mm ISO 1600
東名高速で行って帰りに富士川サービスエリアのETC出口から下りることにしました。

写真: f/4 1/60 24 mm ISO 6400
富士川楽座の観覧車です。こちらは今のところカラフルなイルミネーションです。

写真: f/4 1/60 24 mm ISO 2000
この位の明るさがあるとα7SのISO 409600は全く必要ないですし、ISO409600はとても美しくないですよ。

写真: f/4 1/60 24 mm ISO 2000
感覚てきなことですが、NEX5nの方が暗いところに強かったように思うのですけど・・・。少なくともその当時は感動しましたが、α7Sには感動ありません。

写真: f/4 1/60 24 mm ISO 6400
FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GMには手ぶれ補正がないんですね。α7Ⅱ以降でボディ内手ぶれ補正にシステム変更したってことですか?それ以前のモデルは切り捨てられちゃったのね。

写真: f/4 1/60 24 mm ISO 10000
切り捨てでなくαシステムに合わせたということのようですが、NEXからミラーレスαに進んだ私のようなユーザーからみたら切り捨てですが、α7Ⅱ以降のボディ内手ぶれ補正の方が良いと思いますね。

写真: f/4 1/60 24 mm ISO 20000
ボディ内手ぶれ補正とOSSレンズの組み合わせでは、レンズに最適化したレンズ側の二軸にボディ内の5軸の内3軸で補って5軸補正を実現しているのだそうですのでこの方がよさそうですね。
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/interview_dcm/688742.html 

写真: f/4 1/60 24 mm ISO 3200
綺麗に撮れたらどっちでも良いんですけどね。

写真: f/4 1/60 24 mm ISO 12800
こんな近くでなくて少し離れたところの方が綺麗に見えるように思うのですけど、どこだろう?裏側はダメ。

写真: f/4 1/60 24 mm ISO 2500
裏側はNGなので富士山を入れた夜景というのは無しです。それで良かったのかな?

写真: f/4 1/60 24 mm ISO 5000
本当は冬が良いのではと思っていたのですが、寒いしね。

写真: f/4 1/60 24 mm ISO 6400
でも夜景は冬なんだろうな。

写真: f/4 1/60 33 mm ISO 25600
これ裏側(北西側からみたところ)イルミネーションはありません。
NIKONやCANONのデジイチはボディ内手ぶれ補正はありません。(ですよね?)どっちが良いのか良く分からないけれど、SONY G MASTER FE 100-400mm/F4.5-5.6 GM OSSやFE 70-200mm F2.8 GM OSSにはレンズ内手ぶれ補正がついているし、長めのレンズにはレンズ内手ぶれ補正の方が良いそうですし、オールドレンズは手ぶれ補正ありませんのでミラーレスについては、両方併用している方が良いってことでしょうね。

2017年9月

        
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログランキング・にほんブログ村へ

Access counter

Link Page

タグクラウド