2015年1月アーカイブ


償却資産の申告期限は今日が土曜なので2月2日ですが、eLTAXがこの土日が繁忙期対応(休日開放)となっているのを知らずに昨日送信して完了したので午前中に源兵衛川に行きました。

カワセミの撮影シーズンは2月が最も良いそうです。3月になると繁殖期に入り警戒心が強くなかなか姿を見せなくなるのだそうです。
みなさん親切な方ばかりでカワセミの場所を教えてくれたり、カワセミが行き交う方々のコミュニケーション手段になっているように感じます。

今日も性懲りもなくマイクロフォーサーズのOLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 IIです。
このシステムの利点は「軽い」に尽きますが、1インチのNikon1より明らかに画質が良いと思います。

毎度ピントが今一ですが、今日は殆どをトリミングしてみました。

送信者 OM-D E-M10

源兵衛川はカワセミの見られる確率は非常に高く、これまで撮影に行って見られないことはありません。撮影でない方も冬場は双眼鏡を持って行くとバードウオッチングが楽しめると思います。
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
木の天辺にアオサギがいました。
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
ジョウビタキも近くで撮れました。
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
シロハラだと思います。初めて見ました。
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10

NEOPASA駿河湾沼津下りからの沼津市街です。

全て手持ち撮影です。もう少しAFの性能が上がればマイクロフォーサーズは軽くてお気楽な鳥撮りには最適のように思います。パナソニックの空間認識AFってのも試して見たい。
ED 75-300mmは、意識して300mm未満になるようにしたつもりが、いつの間にか伸びていたりします。やはりM.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4 PROの発売が楽しみです。
このシステムでいつかはダイブを撮ってみたいと野望を抱いています。
さあ、明日から確定申告モード仕事がんばらなくちゃ。


田宿川 4分の3

pookarl
0
近くまで所用の次いでに田宿川に行きました。
今日も田宿川ではカワセミを見られませんでした。小潤川の方が見つけるだけなら確率高いですが、めげずに。
送信者 OM-D E-M10
3m位の離れたツグミです。人慣れしている様です。 275mm SS1/60 F7.1 ISO200ならピントもまあまあかな?
送信者 OM-D E-M10
鳥撮では、目だけでなく、耳で鳴き声や気配を感じるのが大切な様です。少し待つのも肝心だと思います。
メジロとシジュウカラが対岸に来ました。
SS1/60 F9でもなかなか。夢中になっていつのまにか300mmのテレ端にしてしまいました。
送信者 OM-D E-M10
スズメで練習。SS1/60 F14
送信者 OM-D E-M10
SS1/60 F16
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
おっと、メジロが石垣の草の中の虫を探しに来ました。
SS1/60 F9 ISO 200
送信者 OM-D E-M10

捕まえた虫をここで食べて飛んで行ってしまいました。今日もカワセミが見られませんでした。
SS1/60 F8 ISO 200
長くて明るくて重くて高いレンズ。あれこれ目写りする今日この頃ですが予算が・・・。
M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4 PROというのも今年発売されるようですし・・・。
"" GO THE DISTANCE この全域F4の大口径・眺望遠の300mmレンズは、600mm(35mmカメラ換算)の焦点距離でありながら、驚きの小型化を実現し、未だかつて無い機動力を提供します。 "" 
http://zuikopro.olympus-imaging.com/ja-jp/
だそうです。どうしよ。(全域F4って?300mmズームかいな?)
確定申告をやり抜けたら考ても良いかな?おっとその前に償却資産申告が・・・
 


送信者 Nikon 1 V2
ピントが甘かった(手ぶれかも)んで没にしようと思ったんですが、NX2でちょっといじって・・・。
Nikon 1 V2 +FT1+ AF-S 70-300mm 4.5-5.6G ED VR

ちょっと寄り道

pookarl
0
Nikon 1 V2 + FT1+ AF-S 70-300mm 4.5-5.6G ED VR を試して見たかったので評価現場の撮影の帰りに遠回りしてきました。
送信者 Nikon 1 V2
たぶんシメの雌だと思います。
浮島釣り堀公園に居ました。
その前に浮島ヶ原自然公園によってみましたが、ムクドリの群れとカラスと撮影に来ている人達しかいませんでした。
送信者 Nikon 1 V2
小潤井川にカワセミはいましたが、見つけたとたんに上流に飛んで行ってしまいました。
この鳥は何という鳥なのでしょう?
過去にNikon 1 V2 + FT1+ AF-S 70-300mm 4.5-5.6G ED VR の組み合わせで撮ったものが見あたりません。
AFが迷うのと今一つしっくり来ないので諦めたのかもしれません。1脚を持って行こうと思っていたのですが忘れてしまって・・・。

カワセミが見られなかったので午後富士川方面へ行ってみました。
送信者 OM-D E-M10
富士川河原(東名高架下)は夏は雑草とヤブ蚊でとても入る気になれない所ですが、冬は雑草も枯れて入っていけます。
ジョウビタキだと思うんですが・・・。
35mm換算600mmでもこの豆粒ですね。
送信者 OM-D E-M10
モズだと思います。
送信者 OM-D E-M10
ヒバリだと思います。
送信者 OM-D E-M10
ツグミですね。
野鳥はいるのですが、近づくことは難しいですね。
岩本山公園を覗いて帰ることにしました。
送信者 OM-D E-M10
シジュウカラが群れでいました。
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
シジュウカラはスズメ目のどこにでもいる鳥なんですね。
知りませんでした・・・。
送信者 OM-D E-M10
おまけのコゲラです。
鳥の撮影にも少し慣れて来ましたが、これから個人の確定申告時期でぼちぼち・・・。
昨夜給報t等を送信しました。eLTAXも24;00まで運営するようになったのですね。
昨年より1週間近く早く送信できました。なので、性懲りもなく田宿川に行きました。
ついたところで驚いたカワウが飛んで逃げました。
魚影は見えないのですが、魚は居るのでしょうね?
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
カルガモは水草を食べに来ているのでしょう。
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
ヒドリガモの雌だと思います。
送信者 OM-D E-M10
ハクセキレイはスズメより多く見かけます。
送信者 OM-D E-M10
スズメですが、「スモールAFターゲット」も微妙です。手ぶれかな?
送信者 OM-D E-M10
カラスです。これくらいの大きさだとピントも合うみたい。
送信者 OM-D E-M10
ハクセキレイはちょこちょこ動くのでなかなかピントが合いません。
送信者 OM-D E-M10
目の前でヒヨドリがポーズをとってくれました。
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10

コサギだと思います。今日はカワセミの姿は見つかりませんでした。

OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II

性懲りもなく田宿川へ行ってみました。
今日は、OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II一本で手持ち撮影に決めました。
魚影が見えないのが気がかりでした。
送信者 OM-D E-M10
カワセミの姿は見つかりません。
今日はカモも少なく、人慣れして逃げないカルガモを撮って気を紛らしました。
送信者 OM-D E-M10
こんなに近くでカルガモを見たことはありません。青色の羽根が見えました。
送信者 OM-D E-M10
カワセミの撮影者は前回も今回も全く居ません。
送信者 OM-D E-M10
知人の目撃情報とどなたかのホームページの情報からこの付近に居る可能性は高いと考え暫く待つことにしました。
練習にキセキレイの水浴びを撮って。
送信者 OM-D E-M10
とそこえ、カワセミのような鳴き声で飛んできたて3枚位連写して対岸のお宅の庭へ飛び去ってしまった鳥です。
残念ながらカワセミではありませんでした。
ピンボケですが、もしかしたらジョウビタキかもしれません。(違うかな?)
送信者 OM-D E-M10
気を取り直して、スズメで練習です。
どうしてもピントが後ろに抜けてしまい、なかなか思うようにスズメに合いません。
送信者 OM-D E-M10
なんとかピントを合わせられるようになったような気がします。
カワセミを見つけられるのは運が良くないと駄目なんだよなとか、思って振り返ると見つけました。
まだ運が残っていたようです。
送信者 OM-D E-M10
ファインダーではピントが合っているように見えるんですけど・・・。ピッピッっと合焦もしてるし・・・。
送信者 OM-D E-M10
今日は数だけは沢山撮りましたので・・・。
送信者 OM-D E-M10
10m位は距離があると思います。
M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 IIには距離目盛がないので正確には分かりません。
送信者 OM-D E-M10
背景は仕方ないですね。
送信者 OM-D E-M10
飛び込みません。もっとも飛び込んでも撮れませんけど・・・
送信者 OM-D E-M10
光の当たり方で鮮やかな緑色に見えますね。
送信者 OM-D E-M10
飛び立つの分かっていても手が出ません。
送信者 OM-D E-M10
カワセミの隣にハクセキレイが止まりました。
送信者 OM-D E-M10
この場所は明るいのが良いです。
送信者 OM-D E-M10
場所は点々と異動するのですが、そう遠くまで行かないのですぐに見つかります。
送信者 OM-D E-M10
人慣れしているのでしょう。スズメより警戒心はないので撮影は楽です。
送信者 OM-D E-M10
飛び込みそうもないので近くに飛んできたヒヨドリを撮る余裕すらありました。
送信者 OM-D E-M10
飛び込まないのではなくて、魚が少ないのかな?
送信者 OM-D E-M10
ということは、滅多にないチャンスだったのかも。
送信者 OM-D E-M10
偶然、撮れてしまった・・・。
上流の方に飛んで行ってしまいました。
送信者 OM-D E-M10
また、スズメで練習
送信者 OM-D E-M10
ツグミほどの大きさでもなかなかピントが合いません。
送信者 OM-D E-M10
シジュウカラも撮れました。(ピンボケですが・・・)
送信者 OM-D E-M10
おまけにキジバトまで。
なんか、丸火自然公園よりずっと鳥多いじゃん。
送信者 OM-D E-M10
ピントが抜けるのが気になって調べて見ると、スモールAFターゲットという機能があるんですね。
購入当初には認識していたのですが試して止めたような気もするのです。でもこのモードで再挑戦してみる価値はありそうです。
丸火自然公園に偵察に行ってきました。
送信者 Nikon 1 V2
公園内の富士見ヶ池は凍っていました。
送信者 Nikon 1 V2
富士見ヶ池から南に向かって歩いていると、シジュウカラと思われる野鳥を見掛けましたが、撮影はできませんでした。
コゲラを見つけましたが、被写体ブレです。
35mm換算270mmでは野鳥の撮影は無理だとは承知の上ですが、思ったより綺麗に写るので「ニコン 1 NIKKOR VR 70-300mm F4.5-5.6」と、次のVとの組み合わせも楽しみな気がしてきました。
送信者 Nikon 1 V2
丸火自然公園では野鳥を見つけられそうにないので、小潤川に行ってみました。
やはり、270mm相当ではちょっと短過ぎです。
送信者 Nikon 1 V2
ダイサギとアオサギがいました。
Nikon 1 V2+ 1 NIKKOR VR 10-100mm f/4-5.6
送信者 OM-D E-M10
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 IIで手持ち撮影でも8枚/秒で連写すれば何とか見られるものも撮れますね。
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
警戒心の強いアオサギも強風の為か飛びたくないみたいでした。
送信者 OM-D E-M10
SS1/160では・・・。
送信者 OM-D E-M10
こんな大きな鳥でもこの程度ですから・・・。
送信者 OM-D E-M10
動きの遅いのは綺麗に撮れますが、35mm換算600mmを手持ちで撮影できるのはメリットでNikon 1と双眼鏡をぶら下げても全く重さを感じません。
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
送信者 OM-D E-M10
オオバンの大群がいました。
送信者 OM-D E-M10
なんという鳥でしょう?
飛んできたときはメジロかと思ったのですが、違います。
送信者 OM-D E-M10
ウグイス色だと思いますが、ウグイスではなさそうだし?
送信者 OM-D E-M10
圧倒的にE-M10の枚数が多くなってしまいましたが、100mm×2.7と300mm×2ではどうしても長い方がメインになってしまった結果です。
もっと使わないと・・・。

今泉の田宿川

pookarl
0
お昼に所用で外出したついでに今泉の田宿川を偵察に行きました。
昨年カワセミが5羽居るのを見たという情報があったからです。
残念ながら今日は居ませんでした。


田宿橋から数百メートルの間は川沿いに歩道が整備されています。
歩道に寝ているカモがいました。人慣れしているのかすぐ側を通っても逃げません。

送信者 OM-D E-M10
マガモですね。
送信者 OM-D E-M10
カルガモです。
送信者 OM-D E-M10
オオバンですね。
送信者 OM-D E-M10

ヒドリガモですね。
OLYMPUS OM-D E-M10 + M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II


連写モードにするのが分からなくて、そのうちにシャッタースピードを変更してしまったらしく1/80ではいくら何でも遅すぎ。トホホ。




昼過ぎに源兵衛川に行ってみました。


これで3回目ですが、6号水の苑緑地は工事の為か水が濁っていてカワセミは見つかりません。
南側の橋を渡った処にお二人の常連さんが居て目の前にこの間と同じと思われるメスが居ました。

送信者 D700
今回は、テレコンを付けずにNikon D700 +TAMRON SP150-600mm F/5-6.3 Di VC USD(DXフォーマット)です。
格安のジンバル雲台(Gimbal Tripod Head BK-45雲台)と、照準器システム(デジスコドットコムDIGISCO.comDOS-HS05)も用意してあります。
が、AFが動作しません。おっかしいな~。うちで試した時は動作していたのに・・・。
仕方無しにピントリングで合わせてシャッターを押すとAFが動作するのです。
レンズのAF範囲を15m~∞にしていたのに気付き、Fullに戻したところAFが動作するようになりました。
カワセミとの距離は思っていたよりずっと近く6m前後だったのです。
送信者 D700
暗かったのでシャッタースピードはもう少し落とすべきだったように思います。
送信者 D700
常連のKさんにAF微調整をレンズ毎にしなければいけないとアドバイスを頂きました。
カメラメーカーでは基本はデフォルトのまま使用を勧めているようですが、純正レンズではないし、小さな鳥ですから調整は必要なのかもしれません。
暇が作れたら検討してみます。
送信者 D700
400mmF4と300mmF2.8とどちらが良いのでしょうか?
何れも高価なので、流石に簡単には手が出ません。
7DⅡが人気のようですが、D4sなんかの方が良いのではとCかNもどっちが・・・。
送信者 D700
飛び込む瞬間は無理でしたが、飛び立つところは撮れました。D700に縦グリつけてましたので・・・。
送信者 D700
ほんの一歩ですが・・・。
送信者 D700

ソウシチョウという外来種だそうです。富士山から冬になると下ってくるらしいです。
常連のNさんが親切に教えて下さいました。


源兵衛川の常連さんたちはみなさん親切な方ばかりですよ。
私が思うに、源兵衛川では6m前後の距離で人慣れした個体が必ず見られるという確信があるからだと思います。

送信者 D700
目の前に止まってくれたのでよく撮れたと思います。
送信者 D700
ダイブよりも止まっているところが本当は綺麗だとNさんは言っていました。
送信者 D700

私は富士から来たと言ったらKさんは、自分なら丸火公園へ毎日通うよと言って、鳥の居そうな場所を説明してくれました。
また、丸火では300mmでは短いので600mm位あった方が良いと思うとも仰っていました。


Kさんは高齢の方で、重たい撮影機材を持って日参するのが健康の為、厚いカメラのマニュアルを読むのが頭の健康の為だそうです。
全くその通りだ、自分も少し考え直そうと思った次第です。

送信者 D700

この場所でこの場面は150mmでも長過ぎです。適材適所ですね。
今日は三島大社の参拝客で賑わっていました。私は、カワセミが居なかったら三島には今日は行きませんから町お越しにもなっているのでは?
良い勉強になりました。

クロップモードではなくFXモードで撮影していました。小さいな~と思ったら・・・。


謹賀新年2015

pookarl
0

一作年の10月に腰を痛め、最初に行った整形外科ではレントゲン検査と症状から脊柱管狭窄症と診断された。指導を受けた屈折運動は痛みでできないと医師に話すとその医師はそれでは治らないと責め立てた。二度とその医師に看てもらうことはないだろう。

間欠跛行の症状以外は座っての仕事は痛みは伴わなかったことから約半年間はシップを張ったりする程度だった。
繁忙期をやり過ごしたので手術の検討に入った。入院日数の短い高額な自費治療を検討して予約しようとしたところ、その日は休診日だった。
脊柱管狭窄症でなく椎間板ヘルニアだったら更に短い入院で手術を受けられることを知り、その日の内にMRIのある病院で看てもらったところ椎間板ヘルニアだった。
MRIの画像は鮮明で素人目でも椎間板ヘルニアであると理解できた。
屈折運動が痛みを伴う訳だ。

同じころ開始したエアロバイクは数日で効果が実感できた。
それまでコピーを取るのに立っているだけで痛み始めたのが、「おや?」と思うほど感じられなくなって、間欠跛行も和らぎ始めた。

当初朝夕2回15分程度だったエアロバイクも改善の兆しが感じられるようになると朝晩30分程度となり、時間をもてあますので、新聞チェック・読書・資格試験勉強に丁度良い時間を作り出す副次的効果も得られた。

朝起きたときの腰の重みはエアロバイクを30分行っても変わらないため、数ヶ月前から1日1回朝のみ20分経過を目処に短縮した。
秋口までは20分程で汗が噴き出したため、シャワーが必要だったが、秋の深まりとともにシャワーは必要なくなった。それでも少し発汗を感じ始めるのが約20分であるという感覚には慣れた。
エアロバイクを始めて程なくすると長時間の歩行も全く問題なく、電車で座れないと困るという精神的不安も無くなり、通常の生活に支障を来すことはない。

MRIの診察をうけた病院には半年ほど通い2度のMRIを受けたが症状は改善したのに映像は全く変わりなかった。
最初に感じた足先の痺れは、3年前の胆嚢炎で入院の際の絶食による筋力の激減の時だったから、たぶんエアロバイクによる筋力の増加が腰痛を緩和させていのだろうと思われる。
エアロバイクを始めるまでの半年間はかなりナーバスで2度あることは3度あるの3年連続(ホントは連続でもないのですが・・・)の手術を覚悟しましたが、あきらめない事だとつくづく思います。

腰痛で悩んでいる方は多いようです。
脊柱管狭窄症と診断され、手術を覚悟した知り合いも術前検査の結果脊柱管狭窄ではなく脊椎の異常が原因で別の手術が必要だが、当面筋力強化と経過観察を勧められたそうです。
しっかりと検査を受けて納得の行く治療を受けたいものです。

そんな訳で、重たいカメラは持つのは怖いのでぼちぼち行こうと思います。
本年もよろしくお願い致します。

2017年5月

        
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログランキング・にほんブログ村へ

Access counter

Link Page

タグクラウド