2014年1月アーカイブ

送信者 α7
送信者 α7
風が吹いて晴れてきたので車にガソリンを入れに行きがてら試し撮りしてみました。
SONY α7 +Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS SEL2470Z

1月24日に発売されたSONY Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS SEL2470Z 思ったより人気ないみたい。


普通に良いと思いますよ。私は。デスクワークで外出できないのでワンこをモデルにちょっとだけ試して見ました。自然な色で良い感じです。


Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS SEL2470Zが期待したほどでなかったのと発売直後にα7の発表とSEL2470Z発表やキットレンズ買っちゃった方は様子見したい気持ちになるでしょうからね。


私は、α7+SEL2470Zが900gに満たないデジイチの本体程度の重さでフルサイズのお気楽なのが魅力なので、キットレンズのFE 28-70mm F3.5-5.6 OSS SEL2870より性能がよければ良いのですよ。


単焦点はフォクトレンダー VM-E Close Focus Adapter等のレンズアダプターで楽しめそうですし、α7の魅力はここにあるのですから。

 

送信者 α7
送信者 α7
瞳AFは便利です。が、犬の瞳は反応しません。
SONY α7 +Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS SEL2470Z

所用で外出した際にいつもの場所からSONY α7 +RAYQUAL NFG-SαE +Ai AF Nikkor 85mm f1.4D IFを試して見ました。
お気楽な手持ち撮影ですので悪しからず。
F1.4開放では周辺光量落ちが目立ちますしやけにハイキーになってしまいました。
D800Eなど純正のカメラでも周辺光量落ちがあったりしますからマウントアダプターによるのかどうかははっきりしません。 F4まで絞れば周辺光量落ちは無くなるようです。

拡大機能でMFでも合わせ安くなる機能は相変わらず便利です。カスタムキー設定でコントロールホイールの下ボタンにフォーカスセットを設定するとMFで拡大表示モード、コントロールホイール中央ボタンで拡大表示の倍率変更ができます。私はピント拡大時間は無制限にしています。

送信者 α7
SONY α7 +RAYQUAL NFG-SαE +Ai AF Nikkor 85mm f1.4D IF 絞りF1.4 SS1/8000
送信者 α7
SONY α7 +RAYQUAL NFG-SαE +Ai AF Nikkor 85mm f1.4D IF 絞りF2.0 SS1/8000
送信者 α7
SONY α7 +RAYQUAL NFG-SαE +Ai AF Nikkor 85mm f1.4D IF 絞りF2.8 SS1/4000
送信者 α7
SONY α7 +RAYQUAL NFG-SαE +Ai AF Nikkor 85mm f1.4D IF 絞りF4.0 SS1/1600
送信者 α7
SONY α7 +RAYQUAL NFG-SαE +Ai AF Nikkor 85mm f1.4D IF 絞りF5.6 SS1/800
送信者 α7
SONY α7 +RAYQUAL NFG-SαE +Ai AF Nikkor 85mm f1.4D IF 絞りF8.0 SS1/400
送信者 α7
SONY α7 +RAYQUAL NFG-SαE +Ai AF Nikkor 85mm f1.4D IF 絞りF11 SS1/250
送信者 α7
SONY α7 +RAYQUAL NFG-SαE +Ai AF Nikkor 85mm f1.4D IF 絞りF16 SS1/200

色々迷いましたが、昨年大晦日にα7を入手してしまいました。ボディのみでFEレンズは見送りました。それでまず、VILTROXでキャノンEFレンズを試して見ましたが、EF40mm F2.8 STMだけが何とか使えるレベルでそれ以外の何本かの所有EFレンズはことごとく蹴られてしまってガッカリ、それで方向を変えて フォクトレンダーとコンタックスGレンズを試して見ました。

送信者 α7
SONY α7 + Planar T* 35mm F2(G)です。KIPON製アダプター C/G-NEXはフルサイズでも問題ありません。ただ、レンズ取り外しボタンがピント合わせに邪魔なのと無限遠が見付け難いのがやや不満です。

送信者 α7
Biogon T* 28mm/F2.8(G)です。α7でもマゼンダ被りが有りますね。ファインダーや背面モニタでは気づかなかったのですが残念。アプリで補正できるようですが面倒だな。

送信者 α7
Biogon T* 21mm F2.8 (G)です。盛大にマゼンダ被りが出ています。NEX-5Nはアダプターをカメラに付けてからレンズを付け外ししないでマウント内部にキズを付けてしまったので大きなセンサーのα7に付けるのは躊躇しましたが、ネットで検索すると問題なさそうなのでまず、カメラにアダプターを付けてからレンズを付けて試したところ問題無しでした。

送信者 α7
ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical IIです。こちらはフォクトレンダー VM E-mountアダプターでEFレンズに対応したものではありません。蹴られは無いと思いますが、周辺光量落ちは目立ちますので選択ミスでしたでしょうか?

以上は全部手持ちで撮影しました。同じ場所でα7(α7Rかな?)をしっかり三脚とレリーズで撮影されている方がいらっしゃいました。

送信者 α7
Planar T* 35mm F2(G)です。三脚とiPhoneを使いました。MFですのでiPhoneではピント合わせはできませんが意外に便利だと思います。

送信者 α7
Planar T* 35mm F2(G)です。水平ではありませんね。

送信者 α7
Planar T* 35mm F2(G)です。これは手持ち撮影です。

送信者 α7
Planar T* 35mm F2(G)です。最初の田子の浦港の4枚はこの上から撮影しています。避難用の築山も兼ねているそうです。

送信者 α7
Biogon T* 28mm/F2.8(G)です。

送信者 α7
Biogon T* 28mm/F2.8(G)です。

送信者 α7
Biogon T* 28mm/F2.8(G)です。

送信者 α7
Biogon T* 21mm F2.8 (G)です。モーターパラグライダーでしょうか?手持ち撮影です。

送信者 α7
Biogon T* 21mm F2.8 (G)です。

送信者 α7
Biogon T* 21mm F2.8 (G)です。パラグライダーがジェット機を追います。

送信者 α7
Biogon T* 21mm F2.8 (G)です。

送信者 α7
Biogon T* 21mm F2.8 (G)です。パラグライダーがジェット機に追いつきそうです。
送信者 α7
Biogon T* 21mm F2.8 (G)です。パラグライダーがジェット機を追い越したように見えました。

送信者 α7
Voigtlander ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical IIです。面白いレンズです。絞り込んでいるので既にセンサーにゴミを見つけてしまいました。

送信者 α7
Voigtlander ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical IIです。このレンズはなかなか楽しいしですよ。自分の影が入らないようにiPhoneでシャッターを切りました。便利です。

送信者 α7
Voigtlander ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical IIです。モーターパラグライダーが又来たので・・・。

送信者 α7

Voigtlander ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical IIです。


送信者 α7

Voigtlander ULTRA WIDE-HELIAR 12mm F5.6 Aspherical IIです。


お正月にレンズ遊びがしてみたくなり決断しましたが取り敢えず満足できました。

シャッターとストラップ取付け部の位置関係から人差し指と中指の間にストラップを通してのホールディングに違和感が有りますが他に不満は特に有りません。
デザインも良い感じだと思うようになりました。
NEX-5Nの時のような新鮮な驚きはありませんが、軽くて気軽なフルサイズという点で良いカメラだと思います。

お正月ですね。明けましておめでとうございます。今年も良い年になると良いですね。