2013年3月アーカイブ

CANON PowerShot SX50HSを入手しました。
近くの龍巌淵(りゅうがんぶち)に行って試し撮りしてみましたがなかなか思い通りには行きません。
お見せできるような写真ではありませんが・・・。
送信者 PowerShot SX50HS
送信者 PowerShot SX50HS
もう半分くらい散っちゃいました。昨年は富士山を何回か撮れましたが今年は残念でした。
送信者 PowerShot SX50HS
鳶だと思いますが飛び回っているのを何とか撮ることができました。
肉眼ではかなり小さいく50倍ズームを実感できました。今後に繋げられると期待しています。
送信者 NEX-5n
送信者 D800E
送信者 D800E
クリックしてPicasaでアップで見て頂くと見えると思いますが、散り始めています。
送信者 D800E
送信者 D800E
送信者 D800E

茅葺きでなく桧皮葺き(ひわだぶき)なんですね。
知ってはいた筈なのですが、写真を撮って改めて驚きました。

そうそう、富士宮焼きそばを境内にある「ここずらよ」でお昼用に持ち帰りしました。
参拝の場合30分までの駐車は無料ですが混んでます。焼きそばが焼き上がるのを待って9分延長で200円納めて参りました。

大石寺の桜2013

pookarl
0
大石寺の芝桜です。
SIGMA DP2 MerrillとNikon D800Eと比べてみました。
送信者 SIGMA DP2m
送信者 D800E
レンズの焦点距離も違うので比較と言えるものではありません。
DP2 Merrillは使い慣れていないので毎回戸惑ってしまいます。
バリアングル液晶モニタが無いので当てずっぽうで撮りした。

送信者 D800E

手持ちの上に風で揺れる花を撮影するのは意外に難しいのです。コンティニュアスモードで試しているのですが効果があるのかよく分かりません。
送信者 D800E

送信者 D800E 

画像をクリックしてPicasaでアップでご覧になると桜が散り始めているのがご覧頂けると思います。
そうそう、今年は桜の開花が早いせいか昨年のように富士山と桜の写真は曇りのため殆ど撮ることができませんでした。

もう散っちゃったのかと思いましたが、例年4月中旬頃の開花だそうでこれから楽しみですね。
送信者 D800E
芝川内房の県道75号線沿いの歩道の桜です。
先日は未だ咲いていなかった桜が今日は満開でした。
送信者 D700
送信者 D700
送信者 D700
送信者 D700
送信者 D700
送信者 D700
送信者 D700
送信者 D700
昨日の夜桜でホワイトバランスをオートに戻したつもりが電球になっているのに途中で気付き、あちゃーと思いましたがRAWで保存していたのでJPGに変換する前に曇天に直してついでに微調整してみました。
無理無理の200mmマクロの手持ち撮影です。たった1枚で申し訳ございません。
送信者 D700

思ったより暖かです。東の空に大きな月が見えました。

三嶋大社の桜2013

pookarl
0
大陶器市にお共して桜を見物してきました。
しだれ桜や八重桜など咲き乱れていました。
駐車場は大混雑でしたが、少し歩きますが三島駅前の楽寿園の駐車場は安くて助かりました。
送信者 EOS 5DmarkⅡ
送信者 EOS 5DmarkⅡ
結婚式やお宮参りのご家族もいらして穏やかな雰囲気でした。
送信者 EOS 5DmarkⅡ
送信者 EOS 5DmarkⅡ
送信者 EOS 5DmarkⅡ
送信者 EOS 5DmarkⅡ
送信者 EOS 5DmarkⅡ
送信者 EOS 5DmarkⅡ
送信者 EOS 5DmarkⅡ
送信者 EOS 5DmarkⅡ
送信者 EOS 5DmarkⅡ
送信者 EOS 5DmarkⅡ
送信者 EOS 5DmarkⅡ
送信者 EOS 5DmarkⅡ
送信者 EOS 5DmarkⅡ

送信者 EOS 5DmarkⅡ

三島大社ではなく三嶋大社が正しいそうですので訂正させていただきました。

そこここで桜

pookarl
0
芝川の内房の稲瀬川に咲いていた桜です。
濃いピンクで寒緋桜ではないと思うのですが種類が解りません。(遅咲きの河津桜かな?)
少し離れたところでにある桜はまだ蕾のままのものもありました。
送信者 FinePix X100
送信者 FinePix X100
送信者 FinePix X100
カメラさえ持って行けばそこここにシャッターチャンスのある季節ですね。
暫く使っている気軽に持ち出せるレンジファインダーもどきのX100ですが視野率100%の一眼レフの方が撮りやすいと思えてなりません。

OLYMPUS OM-1

pookarl
0
高校時代にOM-1を使っていました。てっきり夏山登山に持ち歩いて汗や湿気でカビたと思っていたのに最近になってこの機種特有のプリズムの腐食によるものだったことを知りました。
簡単そうなので中古を入手してプリズムの交換にチャレンジしてみました。ネットや本を参考にしたもののなかなか思うようには行きません。
OM-10は写真の通りバラバラにしてしまいました。正常にシャッターが切れないジャンクです。腐食のないプリズムを確保できたのでここまでしなくても良かったのですが、この機種は電子基盤と配線が複雑で元に戻せそうもなかったので小ネジ等をストックすることにしたのです。
送信者 NEX-5n
入手したブラックボディのOM-1はどうしてもフィルム巻き上げレバーが外れず断念しました。一緒に入手したカビレンズも前後から分解してみましたが肝心のカビレンズがどうにも外れず一先ず諦めることにしました。力を入れたので手が痛くなってしまったからですし、拘りすぎるのは精神的にも良くありません。
送信者 NEX-5n
送信者 NEX-5n
シルバーボディのOM-1は写真の通りなんとかトップカバーを取り外すことができました。写真の通りカニ目レンチを使用したところ見事に巻上軸の飾り蓋にキズができてしまいました。
送信者 NEX-5n
トップカバーを取り外すことはできたもののプリズムを押さえているネジが配線の下に隠れていて配線を少し移動しないと2カ所のネジがはずせません。
送信者 NEX-5n
その前にベトベトのモルトを拭き取る必要があります。忠告通りにシューの取付け座金と巻き戻しクランクの軸の外側にあるバネを取り外してから拭き取りました。

送信者 NEX-5n

上と下の写真の茶色と白の配線が邪魔でプリズムの左右の押さえネジが隠れているのです。

送信者 NEX-5n
4本のネジを外してプリズムをOM-10のプリズムと交換が完了しました。
試しにファインダーを覗いてみるとスクリーンの触ってしまったのか汚れてしまいプリズム交換の意味がありません。
仕方ないので分解し損なったブラックボディのスクリーンを代用することにしました。
ブラックボディのOM-1はジャンクでフィルム巻き上げレバーが空回りするので元々練習用にと考えていたもので練習用には役に立ちませんでしたがこれで役に立ちました。
OM-10のスクリーンも大きさは同じですが取ってが付いていません。
プリズム交換は無事完了しましたのであとは元通りにトップカバーを取り付けるだけです。
これがそう簡単でなく、フィルム巻き戻しクランクの取付の際にレバーが取れてしまって元通りに戻すに試行錯誤してしまいました。
送信者 NEX-5n
送信者 NEX-5n

それでも何回か取付取り外しを繰り返して慣れてしまえばそれほど難しい作業ではないように思います。

分解するのが目的でないならOM-2かプリズムの腐食の無いものを探された方が間違いないですね。 
OM-1に拘らなければむしろOM-10の方が安くて程度の良い中古が入手できると思います。

所用の帰りに日本平動物園に久しぶりに立ち寄りました。
未だ咲き始めの桜ですが今週末には満開でしょうか?旭川動物園の影響なのかな?虎は迫力がありました。
送信者 D800E
送信者 D800E
送信者 D800E
送信者 D800E
送信者 D800E
送信者 D800E
送信者 D800E
送信者 D800E
送信者 D800E
送信者 D800E
送信者 D800E
送信者 D800E
送信者 D800E
送信者 D800E
送信者 D800E
送信者 D800E
プレーリードッグのヤマモトくん 送信者 D800E
送信者 D800E
送信者 D800E
送信者 D800E
送信者 D800E
送信者 D800E
送信者 D800E
送信者 D800E
送信者 D800E
送信者 D800E
送信者 D800E
送信者 D800E
送信者 NEX7

NHK教育で東北大学の小濱泰昭教授のマグネシウム電池を知りました。すごい発見だと思います。昨年12月にTBSでも同様の番組があったようですが知りませんでした。

無尽蔵にあるマグネシウムと食塩水を利用して発電するというもので使用済みの電池を太陽光を使って再生して再利用するというものです。

マグネシウムは一番軽く安定した金属で従来燃えやすく危険なものだとされ昔のカメラのフラッシュや花火などに使用されるものでごく普通に切削加工もできるため、難燃性の合金にすることによりアルミニウムの40%という軽さで地上で一番軽い軽金属として燃えなくしてしまえば無造作に扱うことができるそうです。

教授は本来はエアロトレインという乗り物のボディ素材として使うこと目的として研究したそうです。ところが燃えなくしたことにより電池として驚きの性能となることを発見したそうです。

燃焼反応を抑制し電気化学反応を促進するマグネシウム合金というそうです。

70Km四方で日本の全消費エネルギーを賄えるそうですが、それをマグネシウムを利用して運ぶという内容で説明をしているので少しわかり難い感じがしますがすごい研究だと思います。

一言で言えば本物の再生可能エネルギーということだと理解しました。

小濱研究室

 http://kohama.niche.tohoku.ac.jp/top-j.html

TBS (2012年12月16日の放送)

http://www.tbs.co.jp/yumetobi-plus/backnumber/20121216.html

古河電池が - 東北大学未来科学技術共同研究センター

http://www.niche.tohoku.ac.jp/wp-content/uploads/2012/02/press20120126.pdf

三重県沖で海洋算出試験に成功したメタンハイドレートや南鳥島沖に無尽蔵レアアースの発見等資源エネルギーの未来は明るい話題で一杯ですね。

オーランチオキトリウムにも頑張ってもらいたいし、地熱発電もあるじゃないですか。

無尽蔵にある資源が実用化されれば世界から争いの大きなタネが無くなることになります。早く実用化されることを期待します。

久能山東照宮

pookarl
0
確定申告が終わり早速お買い物のアッシーです。家康公ご廟所までの1,199段の階段を登ってヘトヘトです。最終の河津桜、枝垂れ桜、寒緋桜など一度に見られました。
送信者 FinePix X100
送信者 FinePix X100
送信者 FinePix X100
送信者 FinePix X100
送信者 FinePix X100
送信者 FinePix X100
送信者 FinePix X100
送信者 FinePix X100
送信者 FinePix X100
送信者 FinePix X100
送信者 FinePix X100
送信者 FinePix X100
送信者 FinePix X100
送信者 FinePix X100
送信者 FinePix X100
送信者 FinePix X100
送信者 FinePix X100
送信者 FinePix X100
送信者 FinePix X100
送信者 FinePix X100
送信者 FinePix X100
送信者 FinePix X100
送信者 FinePix X100
送信者 FinePix X100
送信者 FinePix X100
送信者 FinePix X100
送信者 FinePix X100
送信者 FinePix X100
送信者 FinePix X100
気晴らしに梅を見に行ってきました。 Picasaがいつのまにか変わってしまいました。
送信者 R-D1s
送信者 R-D1s
送信者 R-D1s

富士市観光課の観梅ウエディング2013のイベントが行われていました。

http://www.fujisan-kkb.jp/iwamotoyama/kanbai_wedding.html

送信者 R-D1s
送信者 R-D1s
送信者 R-D1s
送信者 R-D1s

RD1s+minolta M-ROKKOR 90mm F4

3月になってしまいました。申告期限まで2週間を切りました。本年もやや遅れ気味ですがもう一踏ん張り。

2017年1月

        
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ブログランキング・にほんブログ村へ

Access counter

タグクラウド